取り外しのできるブリッジ・被せ物『ウェルデンツ』

歯がなくなってしまった場合、噛み合わせを回復するために入れ歯、ブリッジ、インプラントなどを入れます。
この時、新しく入れる歯の素材によって、噛み合う歯に対して力がかかり過ぎてしまうとダメージを受け続け、悪影響を与える場合があります。

従来のブリッジは土台となる隣の歯を削る必要がありました。

当クリニックでご提案している新素材のブリッジ、ウェルデンツは、ポリプロピレンを配合することによって、割れることのない強度と、噛み合わせに力がかかり過ぎない弾力を確保しています。そのため、隣の歯を削らずに装着が可能です。また、取り外しできるため、衛生的で、自然の歯のように目立ちません。

症例紹介1)

左下の奥歯が1本ない箇所にウェルデンツを入れ、噛み合わせの歯に対してのダメージを抑え、審美面でもほとんど目立ちません。

症例紹介2)

右下の奥歯にウェルデンツのジャケット冠を装着。
噛み合わせの歯に対してのダメージを抑えるだけでなく、自然の歯のように美しく仕上がります。

Before

After